二十八宿とは

二十八宿とは、28の中国の星座のことです。
二十八宿の起源は古代中国の天文学で、月や太陽の位置の観測、季節を知るために考案されました。月の公転周期が27.32日であることから、天の赤道の付近にある28星座を基準に天空を28の領域に不均等に分け、その日の月の位置から天体観測を行っていました。
しかし、天文学の発達によってその役割は薄れ、やがて吉凶を占うものとして使用されるようになり、また、月の動きと関係なく日の巡りによってある日の宿が決められるようになりました。

二十七宿とは

中国で生まれた占星術の二十八宿が、インドに渡って占いとされたものが二十七宿です。
二十八宿が赤道を不均等に分割にしているのに対し、二十七宿は月の通り道である白道を均等に分割するように設定され、そのため、牛宿がなくなりました。

四象 宿 音読 訓読 西洋 吉凶
東方
青龍
角宿 かくしゅく すぼし おとめ座α星 吉:着初め、柱立て、普請造作、婚礼
凶:葬式
亢宿 こうしゅく あみぼし おとめ座κ星 吉:婚礼、結納、裁縫、物品購入、種まき
凶:普請造作
氐宿 ていしゅく ともぼし てんびん座α星 吉:婚礼、開店、新規事業、酒造り
凶:着初め
房宿 ぼうしゅく そいぼし さそり座π星 吉:婚礼、旅行、移転、開店、新規事業、祭祀
凶:なし
心宿 しんしゅく なかごぼし さそり座σ星 吉:祭祀、移転、旅行、開店、新規事業
凶:婚礼、葬式、普請造作
尾宿 びしゅく あしたれぼし さそり座μ星 吉:婚礼、開店、新規事業、移転、普請造作
凶:着初め、裁縫
箕宿 きしゅく みぼし いて座γ星 吉:動土、池掘り、仕入れ、集金、改築
凶:婚礼、葬式
北方
玄武
斗宿 としゅく ひきつぼし いて座φ星 吉:土掘り、開店、新規事業、造作
凶:なし
牛宿 ぎゅうしゅく いなみぼし やぎ座β星 吉:万事
凶:なし
女宿 じょしゅく うるきぼし みずがめ座ε星 吉:稽古事始め、お披露目
凶:訴訟、婚礼、葬式
虚宿 きょしゅく とみてぼし みずがめ座β星 吉:着初め、学問始め
凶:相談、造作、積極的な行動
危宿 きしゅく うみやめぼし みずがめ座α星 吉:壁塗り、船普請、酒作り
凶:裁縫、高所作業
室宿 しつしゅく はついぼし ペガスス座α星 吉:祈願始め、婚礼、祝い事、祭祀、井戸掘り
凶:なし
壁宿 へきしゅく なまめぼし ペガスス座γ星 吉:開店、新規事業、旅行、婚礼、裁縫
凶:南へ行くこと
西方
白虎
奎宿 けいしゅく とかきぼし アンドロメダ座ζ星 吉:開店、新規事業、文芸開始、樹木植替え
凶:なし
婁宿 ろうしゅく たたらぼし おひつじ座β星 吉:動土、造作、縁談、契約、造園、裁縫
凶:なし
胃宿 いしゅく えきえぼし おひつじ座35番星 吉:就職、婚礼
凶:私事
昴宿 ぼうしゅく すばるぼし おうし座17番星 吉:祭祀、開店、新規事業
凶:普請造作
畢宿 ひつしゅく あめふりぼし おうし座ε星 吉:稽古事始め、運搬始め
凶:造作、着初め
觜宿 ししゅく とろきぼし オリオン座λ星 吉:稽古事始め、運搬始め
凶:造作、着初め
参宿 しんしゅく からすきぼし オリオン座ζ星 吉:仕入れ、納入、取引開始、祝い事、縁談
凶:なし
南方
朱雀
井宿 せいしゅく ちちりぼし ふたご座μ星 吉:祭祀、種まき、動土、普請
凶:裁縫
鬼宿 きしゅく たまおのぼし かに座θ星 吉:他の事には全て
凶:婚礼
柳宿 りゅうしゅく ぬりこぼし うみへび座δ星 吉:物事を断る事
凶:婚礼、開店、新規事業、葬式
星宿 せいしゅく ほとおりぼし うみへび座α星 吉:乗馬始め、便所改造
凶:祝い事、種まき
張宿 ちょうしゅく ちりこぼし うみへび座υ星 吉:就職、見合い、神仏祈願、祝い事
凶:なし
翼宿 よくしゅく たすきぼし コップ座α星 吉:耕作始め、植え替え、種まき
凶:高所作業、婚礼
軫宿 しんしゅく みつかけぼし からす座γ星 吉:地鎮祭、落成式、祭祀、祝い事
凶:裁縫